トップページ > 美味しい飲み水とは?
美味しい飲み水とは?

「水」と一口でいっても毎日口にする身体にとって大切なお水です。ということで「飲み水」について詳しく説明したいと思います。

 みなさんは、水の種類には「軟水」と「硬水」があるのをご存じですか?
外国のミネラルウォーターを買う時に「硬水」と書かれているのを見かけることもあると思います。なんとなくは知ってはいましたが、実際違いは?となると「軟水とどう違うのだろう。。。」と思いませんでしたか?

 まずはこの二つの違いなのですが、
軟水か硬水かは、水の中に含まれる、「カルシウム」と「マグネシウム」の量で決まるんだそうです。
それを「硬度」と呼ぶそうです。

この「硬度」が高いものを「硬水」、低いものを「軟水」と呼んでいるんだそうです。
(実際はもっと詳しい数値で分類分けされているようです)

 他に水の美味しさを決める要素として水温があげられます。
口にして、ぬるい水も冷たすぎる水もあまり美味しく感じないように、やはり適温というものがあります。

 一般においしく飲める温度は、体温マイナス25度だそうです。
個人の体温差によって多少、ずれが生じますので、だいたい10~15度の範囲をみておけばよいでしょうのでは、ないでしょうか。

関連エントリー
Copyright © 2010 ウォーターサーバー家庭用ガイド《浜松市》 . All rights reserved